指揮者紹介

2019年 指揮者

  • 正指揮者  毛利 正明(もうり まさあき) 65期 B2
  • 副指揮者  山口  聡(やまぐち さとし) 75期 T1
  • 副指揮者  豊福 純生(とよふく すみお) 78期 T1

歴代の指揮者

内海 敬三
(うつみ けいぞう)

54期  B1
  • 経歴
  • 1954年、西南学院大学商学部 卒業。56年、英文科卒業。
    1950年、西南学院グリークラブ指揮者となり翌51年と連続して西部合唱コンクールに優勝。全国合唱コンクールでも連続3位に入賞して、戦後のブリークラブの第一期黄金時代を築いた。
    1954年(昭和29年)4月、西南シャントゥール創設から1969年迄正指揮者を務める。
    高校勤務の都合により以降10年間正指揮を志度澤氏に引継ぐ。
    1981年に正指揮者としてカムバックし2003年引退。
    現在、西南シャントゥール名誉指揮者。

 


(故人)
志度澤 亨
(しどざわ とおる)

57期  T2
  • 経歴
  • 1957年、西南学院大学英文科卒業。
    卒業後、西南学院中学校教諭就任。
    1969年に内海氏より引き継ぎ1970年西南シャントゥールで初めて本格的な定期演奏会を実施した指揮者である。(プログラムも作成、シャントゥール史としては、第5回目の演奏会として記録される)
    1980年迄10年間正指揮者を務め、1981年より内海氏に指揮を譲る。
    1982年西南学院中学校校長(9代)就任。
    2015年9月肺炎の為召天(81歳)

 

馬頭 経明
(ばとう のりあき)

59期 T2
  • 経歴
  • 1959年、西南学院大学商学部卒業。
    西南学院高校、大学を通じグリークラプに在籍、在学中、学生指揮者として活動。1954年西南シャントゥール設立時高校3年生で参加、西南シャントゥール副指揮者を経て2002年より指揮者。
    1996年~2002年オホーツク国際音楽セミナー・小林研一郎指揮法講座に参加。指揮を高石治、松岡究、小林研一郎の各氏に師事、和声を故 竹内剛氏に師事。
  • 2015年に引退。

 

徳永 和彦
(とくなが かずひこ)

61期 T2
  • 経歴
  • 福岡高等学校在学中、合唱部に所属指揮を担当。
    1961年、西南学院大学商学部卒業。
    在学中、グリークラブ40周年記念演奏会にて学生指揮を務める。西南学院グリークラブOBでもある、合唱指揮者 故 福永陽一郎氏を初めて西南学院グリークラブへ招聘。
    1997年、西南シャントゥール委嘱作品、多田武彦作曲:「三崎のうた・第二」を初演。1996年より西南シャントゥール副指揮者を経て、2006年より正指揮者を務め、2018年に正指揮者を引退。
  • 2019年2月に、召天(82歳)。

 

佐藤 棟也
(さとう とうや)

70期 B1
  • 経歴
  • 福岡高等学校在学中合唱部に所属。
    1970年西南学院大学文学部フランス語専攻卒業。
    在学中、西南学院グリークラブ創立50周年記念演奏会、東京・大阪記念演奏会にて学生指揮担当。創立50周年記念委嘱作品清水脩作曲「木下夕爾の三つの歌」を初演。
    卒業後、石丸寛氏の東京フィルハーモニックソサィアティ他各合唱団で合唱活動。
  • 2006年より西南シャントゥールの副指揮者を務め、2017年に副指揮者を引退。

 

PAGE TOP